最新記事一覧

「通信制」という名前

勉学

似ているが別物

通信制高校とよく似た名前の学校に、通信制サポート校というものがあります。学校のホームページを見ただけでは、どちらなかのかはっきりしないこともあるでしょう。そもそも、通信制高校と通信制サポート校は全く違うものです。通信制高校は法律で高等学校と定められています。高校卒業資格を取得できるのです。通信制サポート校は、高校卒業資格は取得できません。通信制高校に通う生徒のサポートを行うことを目的としているのです。通信制サポート校は、塾や予備校のようなものなのです。また、通信制高校はあくまで高校なので、私立と公立があります。一方、通信制サポート校は教育関連の学校法人や、予備校や学習塾が運営しています。通信制高校は私立でも学費がとても安いです。金銭的な理由から進学を諦めようとした人でも、無理なく通うことができるでしょう。通信制サポート校に通う場合は、通信制高校にも通う必要が出てくるため、経済的負担が増えます。しかし、通信制高校は基本的に自宅学習なので、独学で学ばなければなりません。そのため、卒業できる人はあまり多くないと言われています。途中で挫折してしまう人もたくさんいるのです。自分のペースで卒業を目指せるのが、通信制高校のメリットでもあります。しかし、卒業までに何年もかかってしまうようなら、通信制サポート校を利用した方が効率が良い可能性もあります。独学での勉強が難しいと思った人は、通信制サポート校の利用も考えてみるといいでしょう。

Copyright© 2018 宅建は独学で学べる?コストパフォーマンスがよい勉強方法 All Rights Reserved.