最新記事一覧

方法は様々

女性

通信講座の魅力

公認会計士は難易度が高いことで知られている国家資格です。試験の合格率は10パーセント前後であり、一回で合格する人は少数です。ですが最初から複数年を見据えて勉強すると逆にだらけてしまい、想定の何倍もの時間がかかることもありうるため、なるべく効率のよい勉強方法を模索するのが合格のコツといえます。代表的な勉強方法に、大手予備校への通学、通信講座、独学などがあります。王道といえるのは大手予備校への通学で、ほとんどの受験生は大手予備校を利用しています。ですが予備校を利用すれば確実に合格するわけではなく、自分なりに向いている勉強方法を確立できた受験生が合格しているのだといえます。公認会計士の通信講座も多くでていますが、通信講座の魅力は費用が安いということです。予備校だと年間70万円はかかりますが、通信講座ならばその半額程度ですむこともあります。費用が安いというのはリスクヘッジにもなるので、その点でも大きなメリットといえるでしょう。自分のペースで勉強を進められること、通う時間をとらなくてもよいことなども魅力といえるでしょう。公認会計士は難関資格なので社会人などが片手間に勉強して合格するのはかなり難しいですが、通信講座を上手に利用すれば不可能ではありません。通信講座でも、公認会計士ほどの難易度ならば、質問ができたりフォローが手厚かったりすることはありえます。なるべくサポートやフォローがしっかりしているものを選ぶのがおすすめです。

Copyright© 2018 宅建は独学で学べる?コストパフォーマンスがよい勉強方法 All Rights Reserved.