最新記事一覧

合格を目指すための勉強法

積み木

自分に合った方法で勉強をする

宅建は国家資格の中では比較的合格率が高い資格であり、独学での合格者も多いという特徴があります。ですが独学での合格者は、大半が不動産業界で働く人という特徴もあるため、実は基礎知識のない人が独学で合格する場合の合格率はかなり低いという現状もあります。宅建は比較的合格率が高い国家資格とはいえ、合格率は20パーセント以下です。決して高いわけではありません。確実に合格するには自分に合った勉強方法をとる必要があります。宅建の勉強方法としては、独学のほかに通信講座や通学講座があります。比較的多いのは通信講座で、次点が通学講座です。通信講座は多少費用がかかりますが、体系だててきちんと教えてくれ、不明点をその都度尋ねられるというメリットがあります。宅建の試験では細かい法改正についても聞かれることがありますが、通信講座や通学講座ならばそうした法改正についてもフォローが手厚く確実に教えてくれます。通学講座ではさらに費用がかかることがネックですが、強制力がある点が大きな魅力です。継続的に学習するのが難しいと感じる人は通学講座や通信講座などを利用するとよいでしょう。独学は費用がかからないのが最大のメリットですが、効率のよい勉強方法を見つけるまでに時間がかかるおそれがあること、モチベーション維持に難があることがデメリットです。しっかりと自分を律して勉強していくことができるのならば独学でも合格は不可能ではないでしょう。

Copyright© 2018 宅建は独学で学べる?コストパフォーマンスがよい勉強方法 All Rights Reserved.