女性

方法は様々

公認会計士は難易度が高いことで知られており、勉強方法にもコツが必要です。大手予備校に通うのがオーソドックスな方法ですが、通信講座などで合格する人も多くいます。費用が安いこと、自分のペースで学べることが大きな魅力です。

最新記事一覧

勉学

「通信制」という名前

通信制高校と通信制サポート校は名前が似ています。前者は法律で高等学校と定められており、後者は前者の卒業をサポートする施設です。通信制高校は学費が安いですが、サポート校を利用する場合は負担が増えます。しかし独学に挫折する人もいます。卒業に何年もかかるようなら、サポート校を利用した方がスムーズです。

積み木

合格を目指すための勉強法

宅建は比較的合格率が高い国家資格で、独学での合格者もあります。独学は費用が安いですがモチベーション維持や法改正のフォローなどに難があり、自分を律することができる人におすすめです。通信講座や通学講座ではモチベーション維持がしやすいです。

通信講座のメリットとは

住宅模型

気になる費用と選び方

宅建とは宅地建物取引士の略で、国家資格の一つです。不動産を取得する際に重要事項の説明を受けなければならないのですが、その重要事項の説明を行っているのが宅建士です。不動産会社には一定の割合で資格保持者を設置しなければならないため、不動産業界への就職や転職に有利な資格であり、すでに働いている人にとってはキャリアアップに役立つ資格です。宅建は国家資格ですが、比較的合格率は高めで、独学での合格者も少なからずいます。ですが独学の合格者は大半がすでに不動産業界で働いている人であり、基礎知識を持った上での独学なので厳密には完全な独学とはいえません。不動産業界で働いていない人が宅建をとろうと思ったら、独学だとかなりの努力が必要となります。コストパフォーマンスがよい勉強方法として通信講座があります。通学講座の半額程度で受けることができ、社会人でも勉強しやすいのがメリットです。独学よりもきめ細かに指導してもらうことが可能であり、テキストも網羅されているので迷う必要がありません。完全な独学より費用は多少かかりますが、合格の可能性がぐっと高まることを考えるとお得といえるでしょう。ただどの通信講座でもよいわけではありません。向き不向きもありますし、通信講座自体の質もかなり差があります。事前に口コミなどをチェックし、どの教材が最適か見極めましょう。解約の条件や質問が可能かどうか、サポートは何があるかなどもポイントです。

勉強道具

会計士の資格を取得する

公認会計士は、国家資格の中でも難易度が高い試験ですから通信講座を活用して少しでも試験合格レベルに達するようにします。通信講座は家で自分のペースで勉強ができるメリットがあり、学校に通うよりも費用が安く設定されている特徴があります。

女の人

通信制の担うもの

現在、通信制高校の数が増えています。通信制高校は、普通の高校に入れない生徒の受け皿にもなっています。入学するのが楽な学校でもありますが、入学前にはサービス内容や教育方針をしっかり調査しておくことも大切です。

Copyright© 2018 宅建は独学で学べる?コストパフォーマンスがよい勉強方法 All Rights Reserved.